タイヤファクトリー

タイヤ問答 タイヤの溝編

【質問】 タイヤの交換時期は?

最近、後輪のタイヤを交換しました。
スリップサインを見て、なんとなくそろそろ減ってきてるなぁと思い
交換したのですが、まだ若干、使えそうではありました。
交換の時期は、スリップサインを確認すればいいのですか?
(実は、スリップサインがどこにあるのか最初よく分かりませんでした)

タイヤなんて普段なかなか気にする機会がないだけに、替え時というのはよく分からないですよね。
スリップサインに近づいてきたのに気付いて替えたのなら、タイヤを替えてかなり運転の感覚は変わったんじゃないでしょうか?
ではまずスリップサインについておさらいしておきましょう。
タイヤの溝の中にある、一部分だけ盛り上がったところがスリップサインです。
タイヤが使っているうちに擦り減ってくると、最終的には溝が無くなってしまいます。ですがその前に、スリップサインの位置で溝が途切れるようになります。これがタイヤ交換のサイン。
新品のタイヤでは、だいたい8mmくらいの深さの溝があります。そしてスリップサインの盛り上がりは1.6mm。ですが、実際にはもっと前の段階、できれば残り溝4mm位の状態で新品のタイヤに交換するのがグッドです。
まだ半分しか使っていないのに、と思ってしまいますが、安全のためにはこれくらいで交換してしまうのが本当はいいのです。

ところで、タイヤの溝はなぜあるのでしょうか。
いろいろと理由はありますが、一番は雨の日でも安全に走るためなのです。
道路に雨が溜まると、タイヤと道路の間に雨水が入り込み、タイヤが地面に食いつくのを邪魔します。しかしタイヤの溝が十分にあると、水をうまく除去して、タイヤが直接地面に触れることができます。
ということは、タイヤの溝が十分にないと、雨の日にスリップしてしまうということになりますね。
では溝はどれくらいあればいいのか。タイヤの溝の深さに比例して雨で滑りにくくなるような気もしますが、そうではありません。
タイヤメーカーの試験によると、新品(8mm)状態からある程度までは、溝が減ってもあまり性能は落ちないそうです。
これが半分の4mmを過ぎたあたりでとたんに性能が低下しだしてしまうとか。
というわけで、タイヤの溝は半分になったところで交換というのが雨の日の安全のためには大事なのです。
ちなみにスリップサインの本当の意味は「これ以上すり減ったタイヤは法律で禁止されているから使っちゃだめですよ」ということです。

【質問】 高速走行時の残り溝

少なくとも、残り溝1.6mmのスリップサインが出る前には
新しいタイヤに交換するのですよね。
さて、高速走行時の磨耗限度は乗用車/軽トラック用でスリップサインと同じく
残り溝1.6mmですが、小型トラック用タイヤは2.4mmとカタログにあります。
(トラック及びバス用タイヤは3.2mm)
乗用車用より小型トラック用で残り溝がより深く設定されているのは、
荷物を載せることと関係があるのですか?

トラックやバスのタイヤは、溝について乗用車よりも厳しい規制がかけられています。
なぜかというとナビ子ちゃんの予想した通り、多くの荷物や人を乗せて走るからです。
重いトラックやバスは、その重みでもってタイヤを地面にギュッと押し付けるので、乗用車よりも雨で滑りにくかったりします。
でも、それは溝がちゃんとあっての話で、万が一滑ってしまったりするととても危険です。だから、小型トラックで乗用車の1.5倍、大型のトラック・バスで乗用車の2倍の溝の量を求められているのですね。
ちなみにスピードを出して走るときほど溝の深さは重要になってくるので、小型トラック2.4mm、トラック・バス3.2mmというのは、高速道路での規制になります。一般道ではトラックもバスも乗用車と同じ1.6mmの規制です。
とはいっても、これも危険を避けるための最低限の規制なので、もっと早い段階でタイヤは交換した方がいいですね。

【質問】 車検とスリップサインは関係ある?

とくに雨の日の走行を考えると、スリップサイン(残り溝1.6mmにある突起)が出る前に
乗用車も四駆も軽トラも新しいタイヤに交換する必要があります。
では、忙しくてふと気づいたらタイヤの残り溝が1.6mm以下だった場合、
警察に捕まったり、車検が通らないこともあるのですか?

「ついうっかり」というのはよくある話ですよね。
モノが命を乗せているタイヤなだけに、できるだけうっかりはしたくないものですが、それでも「ついうっかり」スリップサインを過ぎて使い続けてしまったら。
厳密に言うと違反ですから、警察に捕まることもあります。整備不良で普通車なら反則金は9,000円ですね。
とは言っても、普通そんな細かいところまで警察の人は見ません(見れません)から、捕まるようなことはないでしょう。そこまで警察を怖がる必要もないですよ。まあ、もし事故など起こしてしまった時にタイヤの溝がない状態だと、多少警察の人から印象悪く思われるかもしれません。

車検の時はタイヤも厳しくチェックされます。スリップサインが出ていたら当然車検は通りませんし、偏摩耗が激しいとスリップサインが出ていなくてもダメ出しされてしまいます。
自分の車のタイヤがどうなっているかなんて、正直な話タイヤ屋さんでも普段はなかなか気にしないものですから、車検の時くらい厳しく見てもらうのがちょうどいいのかもしれませんね。

【質問】 偏摩耗が激しいと車検は?

上の記事の続き)
えっ!!!
スリップサインがでていたら車検に通らないのは分かりますが、
“偏摩耗が激しいとスリップサインが出ていなくてもダメ出しされてしまう”
のですか!?
私は最近タイヤ交換をしたのですが、
交換したあとに古いタイヤの溝を見てみたら、車の外側から見える部分よりも
奥の側のほうが減っていて、いわゆる片減り(かたべり)状態でした。
実はスリップサインのチェックをするときも、タイヤの外側だけ見て
内側は確認していなかったのです。
車検はまだまだでしたが、もし車検だったら
偏磨耗が激しくてダメ出しされていたかもしれません。。

表からすぐ見える外側は溝がまだ残ってるけど、内側はスリップサインが出ている。こういう状態では車検は通りません。
4本のタイヤのうち、どこか一か所でもスリップサインが出ていたら車検はアウトです。
内側だけ減ってしまうというのはありがちな話なので、車検のためと言わず愛車のために、今後は気をつけたいですね。

今回の例を画像にするとこんな感じ。画像の左側に自動車の車体があり、右側が車の外側、色のついた部分がタイヤの減っている場所です。
すぐに見える外側の部分は十分に溝があるので大丈夫かと思うと、実は奥が減っているというケースですね。
ちなみに、こういうタイヤの減り方を片減りと言います。

back | top
タイヤファクトリー